ノバルティス ファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトはゾレアの情報サイトです。ページ内を移動するためのショートカット

重症アレルギー性のぜんそくでお悩みの患者さまとご家族の方へ

監修:東京女子医科大学 呼吸器内科学講座
教授・講座主任 多賀谷 悦子 先生

文字サイズ

メニュー

アレルギー検査を受けることであなたのぜんそくを
よりよくコントロールできるようになります。

アレルギー検査は、あなたのぜんそくがアレルギー性であるか(アレルギー体質かどうか)、そしてあなたが反応してしまうアレルゲンの種類について具体的に調べるための検査です。
アレルギー性ぜんそくだと判明したら、あなたのぜんそくをよりよくコントロールできるようになる可能性があります。

アレルギー体質かどうかを調べるための血液検査

主に血液中のIgE抗体について調べます。
アレルゲンを特定する「特異的IgE検査」と、アレルギーの傾向をつかむための「総IgE検査」があります。

特異的IgE検査

血液中のIgE抗体の種類と量を調べ、どのアレルゲンに対して抗体をもっているか(反応しているか)を調べることができます。環境アレルゲンだけでなく、食物アレルゲンも調べられます。

総IgE検査(非特異的IgE検査)

血液中のすべての種類のIgE抗体の量を調べることで、「アレルギー体質のレベル」を推定することができます。

参考:患者さんも知りたいアレルギーの知識 日常生活で遭遇するアレルギーとその検査法(医薬ジャーナル社)

特異的IgE検査・総IgE検査の結果の読み方

こちらは、一般的なIgE検査の報告書のサンプルです。
総IgE値と特異的IgE値は、別々の欄に記載されています。総IgE値を測定していない場合には、空欄となります。
特異的IgE検査の欄には、問診により決められた複数の検査項目に対する検査結果が書かれています。測定値に応じて、0~6の7段階のクラスで判定されます。0であれば陰性(アレルゲンではない)、1であれば疑陽性、2以上であれば陽性(アレルゲンの可能性が高い)となります。クラスの数字が大きいほど、アレルギー反応が強く起こるアレルゲンであることを示します。

一般的なIgE検査の報告書のサンプル

参考:家族と専門医が一緒に作った小児ぜんそくハンドブック(協和企画)