ノバルティス ファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトはゾレアの情報サイトです。ページ内を移動するためのショートカット

重症アレルギー性のぜんそくでお悩みの患者さまとご家族の方へ

監修:東京女子医科大学 呼吸器内科学講座
教授・講座主任 多賀谷 悦子 先生

文字サイズ

メニュー

気道にアレルギー性の炎症が起こると、ぜんそく症状があらわれます。

アレルゲンとIgE抗体によって、体内のさまざまな場所でアレルギー性の炎症が起こります。
アレルギー性の炎症が起こる場所によって、「アレルギー性鼻炎」、「アトピー性皮ふ炎」など、さまざまなアレルギーの病気が生じます。
気道でアレルギー性の炎症が起こることで引き起こされるのが、「アレルギー性ぜんそく」です。

アレルギーによる炎症は
ぜんそく以外の病気も引き起こします

アレルゲン、IgE抗体 ⇒ [アレルギー性の炎症](アレルギー性ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮ふ炎)

アレルギー性ぜんそくの症状があらわれるしくみ

アレルギー性のぜんそく患者さんのぜんそく症状があらわれるしくみについて、動画でご紹介します。

動画:アレルギー性ぜんそくの症状発現メカニズム

アレルギー性の炎症はぜんそくの原因のひとつです。

ぜんそくの原因である気道の炎症には、アレルギーだけでなく、汚染物質(タバコの煙や排気ガス)なども関連しています。
アレルギー性の炎症が原因で起こるぜんそくがアレルギー性ぜんそく、そのほかの炎症が原因のぜんそくが非アレルギー性ぜんそくです。

「アレルギー性ぜんそく」と「非アレルギー性ぜんそく」は炎症の原因により分類されます

アレルギー性の炎症 ⇒ アレルギー性ぜんそく 汚染物質による炎症(タバコの煙(喫煙や受動喫煙)排気ガス・スモッグなど)非アレルギー性ぜんそく

アレルギー性の病気がひとつあると、
ほかのアレルギー性の病気にもなりやすい?

アレルギー性の病気のなかでも、「ぜんそく」「アレルギー性鼻炎」「アトピー性皮ふ炎」は、複数のアレルギーを発症しやすいことが明らかになっています。
なかでも関連性が強いのはぜんそくとアレルギー性鼻炎で、ぜんそく患者さんのなかでアレルギー性鼻炎を合併している方の割合は約50~80%、アレルギー性鼻炎患者さんのなかでぜんそくを合併している方の割合は約20~40%といわれています。

竹内万彦ほか:耳展. 52(補1), 36, 2009