ノバルティス ファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトはゾレアの情報サイトです。ページ内を移動するためのショートカット

重症アレルギー性のぜんそくでお悩みの患者さまとご家族の方へ

監修:東京女子医科大学 呼吸器内科学講座
教授・講座主任 多賀谷 悦子 先生

文字サイズ

メニュー

自己注射の仕方(シリンジ)

注射の仕方については、主治医または医療機関の指示に従ってください。

注射の仕方

消毒~注射針カバーを外す

❶消毒します。

  • 注射する部位とその周囲をアルコール消毒綿で消毒します。

❷注射針カバーを外します。

  • 注射針カバーは固くはまっているため、罫線で囲んだ注射針カバーの先の部分をしっかりと持って外してください。

注意

  • 消毒した部位は注射するまで手を触れないようにしてください。
  • 注射針カバーを外す際には、注射針を曲げたり、手に刺したりしないようにご注意ください。
  • 注射針カバーを外す際、プランジャーを押したり、引いたりしないでください。
  • 注射針カバーを外した際、針の先に薬液の水滴が見えることがありますが、問題ありません。
  • 注射針カバーを外したら、すぐに注射を行ってください。
  • 注射針カバーには乾燥天然ゴム(ラテックス)が含まれているため、ラテックスに過敏な方はご注意ください。

針を刺す

❸注射器を持って、針の角度を確認し針を刺します。

腹部への注射
※へその周り5cmは避けてください。
  • シリンジを人差し指と中指ではさみ、親指はフランジの下に軽く添えます。
  • ※針を刺す際は、プランジャー部分にはさわらないでください。針のセーフティガードが作動する可能性があります。
  • もう一方の手で、注射部位をつまみます。皮ふをしっかりとつまんで、筋肉内ではなく、皮下に注射できるようにします。
  • 皮ふに対して約45度の角度で、針をあてます。
  • シリンジをしっかり持って、角度を変えずにまっすぐ針を根元まで刺しこんでください。
大腿部前面(太もも)への注射
上腕部の外側(二の腕)への注射
  • ※ご家族の方が注射される場合は、上腕部の外側に注射することもできます。ただし、ご自身で注射される場合はこの部位は避けてください。

薬液を注入する~針を抜く

❹プランジャーヘッドを押します。

  • 人差し指と中指でシリンジをはさんだまま、フランジの下に添えていた親指をプランジャーヘッドに移動します。
  • プランジャーヘッドが針ガード作動クリップの間に完全におさまるまで、ゆっくりと押しきります。
  • 5秒間、シリンジを動かさず、押し続けたままにしてください。

❷注射針カバーを外します。

  • プランジャーヘッドを押し続けたまま、注射部位から注射針をまっすぐ抜きます。

針を抜いた後~消毒

❻プランジャーヘッドから指を離します。離します。

  • ゆっくりとプランジャーヘッドから指を離すと、針ガードが自動的にスライドして、注射針を覆います。

❼新しいアルコール消毒綿でおさえます。

  • 注射した部位に少量の出血がみられる場合、新しいアルコール消毒綿で注射部位を揉まずに10秒間おさえます。
  • 必要に応じて、絆創膏をご使用ください。

注意

  • 注射した部位を揉むと腫れることがありますので、揉まないでください。

2本以上注射する場合は、下記の通りシリンジを廃棄してから
❶~❼までの作業をくりかえしてください。
(すでに注射した部位から3cm以上離れた部位に注射してください)

シリンジの廃棄

  • 使用済みのシリンジは、速やかに廃棄バッグに収納してください(廃棄バッグがない場合はビンや缶などの固い容器(例えばインスタントコーヒーのガラスビン)などでも代用できます)。

注意

  • 使用済みのシリンジは医療廃棄物として取り扱われます。廃棄の方法については医療機関の指示に従ってください。
  • 使用済みのシリンジは再使用しないでください。
  • 注射針カバー、アルコール消毒綿は、各市区町村の収集方法に従って家庭ごみとして捨ててください。
  • 廃棄バッグは、子どもの手の届かない場所に保管してください。