注 意日常生活の注意

  • 島根大学皮膚科学講座
    千貫 祐子 先生

日常生活の注意点

一般的に蕁麻疹がでたり、悪化させたりすると考えられている要因について理解し、
避けられるものは避けて、蕁麻疹が悪化しないように注意しましょう。

□ 運動による悪化に注意する

□ 蕁麻疹の症状が強いときの入浴は避ける
(皮疹が落ち着いているときにシャワーのみの短時間入浴)

□ 鮮度の落ちた魚や香辛料の多い食品を避ける

□ 過度の飲酒は避ける

□ 暴飲暴食を避ける

非ステロイド性抗炎症薬抗炎症作用を持つ薬剤のうち副腎皮質ホルモン(ステロイド)を含まないもの。の内服を避ける

□ 疲れを感じたら休む

□ ストレスを溜めないようにする

非ステロイド性抗炎症薬抗炎症作用を持つ薬剤のうち副腎皮質ホルモン(ステロイド)を含まないもの。の内服により蕁麻疹が悪化することがあります。

秀 道広 他.蕁麻疹診療ガイドライン.日皮会誌 2011; 121: 1339-1388.

蕁麻疹の状態を把握しましょう

特発性原因が明らかではないこと。の慢性蕁麻疹は多くはいつおこるか分かりません。
しかし、蕁麻疹の状態を記録することで、どのようなときにでるのか、
悪化するのかなど、日常生活の注意点が分かることがあります。
特発性原因が明らかではないこと。の慢性蕁麻疹ノート」に蕁麻疹の状態を記録し、
自分の蕁麻疹の傾向を把握し、上手にコントロールしましょう。

特発性の慢性蕁麻疹ノート