症 状しくみと影響

  • 九州大学医学部
    皮膚科学教室

    中原 剛士 先生

どうして蕁麻疹がおきるの?

蕁麻疹は、血液中のIgE免疫グロブリン(Immunoglobulin)の一つ。体内に侵入したアレルギー物質を撃退するために産生される。と呼ばれる物質などが、
皮膚にあるマスト細胞肥満細胞ともいう。白血球の一種で生体の免疫反応に関わる。を活性化することで、
マスト細胞肥満細胞ともいう。白血球の一種で生体の免疫反応に関わる。からヒスタミンやロイコトリエンなどの
炎症をおこす化学物質(炎症性メディエーター体内で炎症を誘発する物質。ヒスタミンやロイコトリエンなどがある。)が放出されておこります。

血中のlgEなど マスト細胞の活性化 蕁麻疹

何らかの刺激により、血中のIgE免疫グロブリン(Immunoglobulin)の一つ。体内に侵入したアレルギー物質を撃退するために産生される。などがマスト細胞肥満細胞ともいう。白血球の一種で生体の免疫反応に関わる。の受容体に結合

  • アレルギーをおこす原因物質(抗原)
    アレルギーをおこす
    原因物質(抗原)
  • 寒さ、日光などの刺激
    寒さ、日光などの
    刺激
  • 原因不明
    原因不明

マスト細胞肥満細胞ともいう。白血球の一種で生体の免疫反応に関わる。から、皮膚に炎症をおこす
炎症性メディエーター体内で炎症を誘発する物質。ヒスタミンやロイコトリエンなどがある。(ヒスタミンなど)が放出される

イメージ図

ヒスタミンをはじめとする
炎症性メディエーター体内で炎症を誘発する物質。ヒスタミンやロイコトリエンなどがある。放出

  • *1:免疫グロブリンE と呼ばれる抗体のことで、通常、人間の血液中や体液中に微量に存在しています。免疫システムに何らかの異常があると体内で過剰に産生され、蕁麻疹やアレルギーなどの症状を引きおこす一因となります。
  • *2:マスト細胞肥満細胞ともいう。白血球の一種で生体の免疫反応に関わる。に存在する受容体で、IgE免疫グロブリン(Immunoglobulin)の一つ。体内に侵入したアレルギー物質を撃退するために産生される。マスト細胞肥満細胞ともいう。白血球の一種で生体の免疫反応に関わる。を結びつける役目を果たします。IgE免疫グロブリン(Immunoglobulin)の一つ。体内に侵入したアレルギー物質を撃退するために産生される。マスト細胞肥満細胞ともいう。白血球の一種で生体の免疫反応に関わる。が結びつくことで、ヒスタミンなどの炎症性メディエーター体内で炎症を誘発する物質。ヒスタミンやロイコトリエンなどがある。が放出され、蕁麻疹やアレルギーがおこります。

皮膚の血管と神経に作用し、血管拡張、血漿成分漏出により、膨疹皮膚にできる赤いふくらみのことで、通常は数時間以内に自然消失します。ができる

Boushey HA. Jr. J Allergy Clin Immunol 2001; 108(2 Suppl) : S77.〔 20091588〕
秀 道広 他.蕁麻疹診療ガイドライン.日皮会誌 2011; 121: 1339-1388.

膨疹皮膚にできる赤いふくらみのことで、通常は数時間以内に自然消失します。とは、皮膚にできる赤いふくらみのことで、通常は数時間以内に自然消失します。

慢性蕁麻疹患者さんの
QOL(生活の質)―他の皮膚疾患との比較―

慢性蕁麻疹は繰り返しおこるため、他の皮膚疾患と比較しても、
QOL(生活の質)の低下が大きい疾患です。

Lewis V, Finlay AY. J Investig Dermatol Symp Proc 2004; 9: 169-180.

DLQIスコアとは、皮膚の病気が生活の質にあたえる影響をみるためのスコアです。

あなたは医療関係者ですか?

知りたい情報を選んで下さい

患者様・ご家族のみなさまへ

現在ゾレアで治療中または
ゾレアによる治療を検討していますか?

本サイトはゾレア®の適正使用や安全性に関する情報を提供し、
ゾレア®による治療について正しく理解していただくことを目的に作成しています